全スカの原因と12カ月で回復させた方法。AGAなら大丈夫です。 

髪の毛の悩みはマジで深刻ですよね。僕自身も若い頃から髪の毛にコンプレックスがあったのですが、ついに全スカになってしまいました。

そんな僕の全スカの原因と、そこからどうやって回復してきたかを今回は書いていきます。

最後に効かない育毛剤とかを紹介する気は全くないので、正しい知識をもって、諦めないで発毛に取り組んでいきましょう。

全スカ 原因

全スカの原因は知識不足

男性の場合、薄毛の原因の9割以上がAGAという病気です。AGA、つまり男性型脱毛症という病気なのです。

僕の場合もそうだったのですが、自分の知識不足のせいで、ここまでハゲを悪化させてしまいました。(一番最初の画像)

どういうことかというと、ずっとかつらをかぶっていたのです。

若い頃からアデランスのかつらをかぶって生活していたため、一見普通に生活をしていたのですが、ある時、かつらのピンが止めにくくなってきたことで、ようやく自分の頭頂部がヤバイ状態になっていることに気付いたわけです。

ハゲ仙人
ハゲ仙人

実に18年もの間、放置していたことになります。今考えると恐ろしいです。かつらをかぶれば、それでOKではなかったのです。

AGAは進行性の病気

一度AGAになってしまうと、もう完治することはありません。AGAは進行性の病気なのです。そんなことも知らずに18年以上放置した結果、ここまではげ散らかしてしまったんです。

ただ、完治することはありませんが、進行を抑えることはできます。

はげの進行を抑える唯一の薬、それがフィナステリドです。

薄毛対策には正解がある

世の中の薄毛の男性がなぜ、悩んでいるかというと、薄毛対策には、何が正解か分からないからだと思います。

ネットで調べれば、さまざまな情報が飛び交っているからです。

かく言う僕も、育毛サロンや、育毛剤に散々騙されて、やっと正解にたどり着きました。

正解を書きます。

フィナステリドとミノキシジルを使うことです。

AGAの仕組み

世の中の薄毛男性の9割以上がAGAです。男性型脱毛症という病気なのです。

そして、それに対する知識がないということで、薄毛に悩んでいるんです。ここではAGAの仕組みを簡単に説明します。

男性ホルモンである、テストステロンが、5αリダクターゼ酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)になります。

このジヒドロテストステロンが悪さをして薄毛になります。

じゃあ、このジヒドロテストステロンが作られなければ・・・・・そうです。それがフィナステリドなんです。

フィナステリドを服用することで、ジヒドロテストステロンが作られなくなります。つまり薄毛にならなくなるんです。

実際に僕が服用しているフィナステリドはこちらです。興味がある方はご覧ください。

フィンペシアの口コミをまとめました!僕自身も使用しています
フィナステリドの成分が入ったフィンペシアの口コミ、レビューをまとめました。僕自身もつかっているので、効果は分かっているのですが、多くの人が効果を感じていることがわかり、より信憑性が増すと思うので、ぜひご覧ください。
ハゲ仙人
ハゲ仙人

実際に服用しているのはフィンペシアという薬ですが、ジェネリック医薬品なので、成分が同じでただ安いからこれを買ってます。

ミノキシジルは発毛促進

AGA治療というと、まずミノキシジルと思い浮かぶかもしれませんが、フィナステリドを服用することが大前提です。

その上で、発毛を促進するのが、ミノキシジルです。

元々血圧降下剤として使われていた薬を転用しているので、血行促進によって髪の毛が生えているのかと勘違いしている人もいますが、違います。

毛母細胞を刺激することによって、発毛効果を高めているんです。

細かいことはあまり知らなくてもいいんですが、とにかく、ミノキシジルで生えます。

飲むタイプのミノキシジル

飲むタイプのミノキシジル、いわゆるミノタブです。

ミノタブ

日本皮膚科学会によると推奨度はD評価となっていて、あまり勧められていないのですが、発毛効果が、塗りミノよりも高いため、使われているのが、現状です。

僕も今はミノタブを服用しているんですが、副作用もあるので、キチンとした知識をもった上で、服用してください。

ちなみに、僕自身の副作用の体験談もありますので、興味がある方はご覧ください。

ミノキシジルタブレットの副作用で汗が大量にでて驚いた
ミノキシジルのタブレットを5mgで服用したことで副作用が現れました。本当に危険なので、独断で高濃度のミノタブを飲むのは控えましょう。
ハゲ仙人
ハゲ仙人

副作用がなければ、効果は最強だし、塗りミノよりもかなり安いです。

塗るタイプのミノキシジル

いわゆる塗りミノですが、日本ではリアップが有名です。

ただ、僕が今回使った塗りミノは、フォリックスFR16です。

リアップよりもかなり安いし、濃度も16%と最強の濃度のミノキシジルです。

12カ月で全スカを回復させた方法

僕が今回全スカを回復させた方法は、フォリックスFR16を使うことでした。

全スカ 回復

12カ月間、フォリックスFR16だけを使った結果がこちらです。

塗りミノ 回復

かなりの効果がありました。生えました。マジでビックリしたし、嬉しかったです。

本当にミノキシジルで髪の毛が生えるんだ、と思いました。しかも、本来ならば、AGA治療という意味では、フィナステリドを服用するべきなのですが、知識不足のため、この期間はフィナステリドすら服用していなかったのです。

リアップ×5を買うよりはるかに安く購入していましたが、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

フォリックスFR16の効果を写真で検証【リアルな口コミ】売り切れが多い
この記事では、実際にフォリックスFR16を使った僕の1年間の使用した結果を画像で紹介しています。なかなかの効果があったことがわかると思います。ミノキシジル16%となると、国内では購入出来ないので僕が使っているところを載せておきました。
ハゲ仙人
ハゲ仙人

結構べたつくんですが、「髪の毛が生える」それが第一優先ならばおすすめです。

いったんおさらい

とにかくAGA、男性型脱毛症ならば(薄毛の原因の9割以上)、フィナステリドを服用して、ミノキシジルを塗る。

これが正解です。

キチンとした知識を勉強した上で、ミノタブにするもよし、ですが、育毛剤、育毛サロン、なんとか針などには効果がないので、注意してください。

どれ位で発毛効果があるか?

フィナステリドを服用して、ミノキシジルを塗ったとしても、最低でも3ヶ月から6ヶ月以上はかかると思っていた方がいいでしょう。

僕の場合は、3カ月くらいで、髪の毛が元気になっているのが実感しました。明らかに、前髪が立ってきたんですよね。

そして、ある程度はえそろったら、ミノキシジルはやめることができる可能性がありますが、(人による)フィナステリドを服用するのは一生だということも覚悟して下さい。

なので、フィナステリドは極力安く購入しないと、続きません。

びまん性脱毛症

こちらはAGAとは対策が違います。

すぐに皮膚科にいって診てもらうことをお勧めします。

「びまん」とは広範囲に広がっているという意味で、AGAがM字、つむじから薄毛になるのに対して、全体的にボリューム感がなくなっていきます。

原因についても、女性ホルモンの減少や乱れ、日々の食事、ストレスなど様々なので、まずは医療機関に行った方がいいでしょう。

AGAクリニックは?

AGA治療に関して、僕がAGAクリニックをあまりお勧めしない理由は、男性型脱毛症については、もう答えが出ていることと、AGAクリニックのボッタクがすごいからです。

何度も言いますが、AGA治療に関しての答えは、フィナステリドを飲んでミノキシジルを塗る。

これだけです。AGAクリニックの無料カウンセリングに行ってしまうと、無知だと、不安を煽られた挙句、高額の余分な治療や、オリジナル薬などを勧められるからです。

まあでも、それらを全部分かった上で、自己治療で個人輸入代行の薬が不安だから、アドバイスを求めるという意味ならば、OKだと思います。

最初の頃はAGAクリニックの薬を使うことも意味があるかもしれません。(高額の契約をローン契約するのはお勧めしませんが・・・・)

AGA治療をした感想

予想以上に安い

30歳の最初の頃、初めてアデランスに行って、約250万円の契約をするという、最悪の育毛人生をスタートしたのですが、今ではキチンと自分で知識を得た結果、毎月2000円もかからないで、自己治療できるようになりました。

アデランスに行って後悔したことについてはこちらにまとめました。興味がある方はご覧ください。

アデランスのかつらを付けて後悔してること デメリット結構あるね
アデランスで増毛はしてないのですが、かつらを18年使用して後悔したことを、思いつく限り書きました。初心者の方には参考になると思います。もちろん良かった点もあるのですが、今回はデメリットだけ紹介します。
ハゲ仙人
ハゲ仙人

長い間我慢の人生でした。これから今までの分も取り返したいです。

育毛業界の闇

育毛業界は噓ばかりだと知りました。育毛剤はAGAに効果がない。育毛サロンも意味がない。

アデランスのいい人だと思っていたYさんが熱心に勧めていた、頭皮マッサージが育毛に全く効果がないことを知りました。

育毛シャンプーに意味がないことを知りました。この6000円もする育毛シャンプーを買うのに、当時の僕は何時間働いていたのかと思うと、怒りがこみあげます。

本当に情報格差、情報は金になるんだなあ、と思います。

髪の毛は人生を変える

薄毛になってしまったことで、それまで人生をかけてやっていたバスケットボールをやめました。それによって、全ての歯車が狂ってしまいました。

薄毛になってない人が、よく「坊主頭にしたら?」などと軽々しく言いますが、こればかりは、なった人にしか分かりません。

髪の毛があるかないか、これは生きるか死ぬかと同義なのです。

やっと発毛の正解にたどり着くことができました。

僕自身、まだまだ発毛の最中ではありますが、これからは将来が楽しみです。今までやり残した事を、一つ一つやっていこうと思います。

古代ローマの時代から

人類の薄毛との戦いは記録が残る範囲ですが、5000年も前から始まっています。

紀元前1550年頃のエジプトの書物に、様々な動物の脂肪を育毛剤に使っていたという記録が残っています。

また、有名な所では古代ローマ(紀元前100年頃)、時の王様ジュリアス・シーサー(カエサル)は薄毛を隠すために、月桂冠(葉っぱで作った冠)を普段からかぶれるようにと、元老院にお願いしたそうです。

※当時、月桂冠は闘技場での卓越した勝者にのみ与えられていたため。

現代は奇跡の時代

そんな、5000年にも渡る薄毛との戦いに終止符が打たれようとしています。

いや、終止符が打たれているのに、まだ多くの人が気づいていません。

何度も言いますが、フィナステリドを飲んでミノキシジルを塗る。これだけです。

すごくないですか?何千年も解決出来なかった問題が、ここ数年で解決してしまったんです。そんな奇跡の時代に生きているんです。

本来ならば、高校の授業に組み込まれるべき問題だと思うのですが、そうはなっていません。

育毛業界、AGAクリニックがここぞとばかりに、お金をかき集めているのが現状です。

正しい知識をもてば、薄毛は怖くありません。一緒に戦っていきましょう。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

コメント